初心者から始める英会話!無理なく頑張るために

どのような点で英会話に苦手意識を感じるのか?

話せない人が直面している英語の壁は何か

英会話教室にしても、英語教材にしても、独自の工夫を凝らして話せるようになるためのメソッドを授けてくれます。
その通りに学習していけば必ず英語が話せるようになるはずですが、中には学習法が自分にあってなかったり、レベルが高すぎてついていけなかったり、グループの英会話だとお友達と楽しく会話して終わってしまい全く身につかなかった、という方もいると思います。

一般に、英語が話せない日本人が直面している英語習得の壁は3つあると言われています。
まず、割と真面目に中学英語で文法を学んで、読み書きが多少できる方が陥りやすいのはプライドが邪魔して話せなくなる事です。
「中学から今まで長く勉強してきた」
「間違った文法で話すのが恥ずかしい」
という気持ちが邪魔をして、間違いを恐れるあまり話せなくなってしまいます。

英語が苦手な人に共通する事

日本が長く行ってきた英語教育は読み書きに重点を置いたものでした。
そして、中学校から高校、人によっては大学でも、長くに渡って英語の授業を受けてきたために、英語を話す前にまず日本語で文章を考えて、その文章を頭の中で英語に訳してからようやく話し始めるというプロセスを取ってしまう方が非常に多く存在しています。
そして、授業の時の影響によって、完璧な文章を作ろうとしてしまい、結果として英語が話せない状況に陥っている方を多く見かけます。
また、単語のチョイスに関しても、自分が言いたい単語に対応する英単語が思い浮かばない場合に会話が止まってしまうという方が多く見受けられます。
同じように、リスニングにおいても、まず聞き取った英語を頭の中で日本語に訳してから意味を考えて返答の文章を用意し、再び英語に直してから出ないと話せないという方がいます。


この記事をシェアする