思い切って踏み出しましょう

完璧でないと恥ずかしいという思いを捨てる

とにかく、まず日常に英語を話す機会を作りましょう。
恥ずかしいと言う気持ちは捨ててぶつかって行くのです。
もし、外国の人がたどたどしい日本語で話しかけてきたら、あなたはその方の話す日本語がおかしいとか、変だとか、恥ずかしいと思いますか?
完璧な文法で話せなければ馬鹿にしますか?
外国の方が一生懸命話そうとする姿に感心するとともに、話に耳を傾け、何が言いたいか聞き取ろうとしませんか?
英語を話す時に何より大事なことは、伝えたいという熱意です。
そして、どんなに自分の英語が酷くても、恥ずかしがらずに堂々と話せば良いのです。
まずは、頭の中での作文や翻訳をやめましょう。
もし、しっかり話したければ、ぶっつけ本番ではなく、起こりうるシチュエーションを想像してどんなフレーズを覚えておけば良いか事前に作文をして頭に入れておきましょう。

英会話教室を最大限に利用するために

街にたくさんある英会話教室は、テキストやそれぞれに工夫したやり方で英語を話せるようになるためのお手伝いをしてくれます。
大抵の教室ではテキストが用意されていて、そのテキストに従って授業を進めていきます。
何か特定のシチュエーションを想像して一連の会話文が書かれており、それを音読して意味を確認し、重要なフレーズについて使い方を学ぶ、というのが一般的なスタイルです。
しかし、行ってその場でレッスンを受けてそれで終わってしまう方が多いのが現状です。

テキストに書かれている通りのシチュエーションが実際の生活の中で起こる確率は低く、
よれよりは、自分が実際の生活で英語に困ったシチュエーションを想定して、作文をして、先生の前で音読して聞いてもらう。
そして、その後で添削してもらう。
そう言うことを繰り返した方が、自分の力になって定着するのです。


この記事をシェアする